被毛の役割と服の必要性

被毛の役割と服の必要性 犬にとっての被毛とは、紫外線や雨から皮膚を守り、体の乾燥や体温を調節する役割を果たしたり、外敵や病原菌の感染から皮膚を守るという役目もあります。
犬は皮膚が薄く外部からの刺激も受けやすいので、被毛は体を保護する大変重要な役割を担っているのです。
犬の中には、被毛が一重構造になっているシングルコートの犬種と、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の二重構造を持つ、比較的寒さに強いダブルコートの犬種がいます。
ダブルコートの犬種は夏に向けた換毛期には毛が抜け、冬にむけてはアンダーコートが生え、自らのコートで体温調節をする事が出来ますが、シングルコートの犬種は換毛期がなく抜け毛も少ないのが特徴ですが、寒さに弱い個体も中にはおります。
シングルコートで毛足が短く、南国原産、小型犬となれば、特に寒さは要注意です。
室内飼いのシングルコートの小型犬は、外気に晒されないために体温調節が上手くできない個体も多いので、体温を調節してあげるためにも、保温効果の高い服やを着せてあげることで寒さから体を守ってあげましょう。
体の小さな小型犬にとって冬の寒さだけでなく、夏の暑さは人間以上に体に厳しいものです。
真夏の暑さや紫外線や熱中症からから小さな体を守るためにも、クール素材の洋服などを上手に使ってあげる事も必要です。

被毛の種類によって着せる服が変わる

被毛の種類によって着せる服が変わる 外出時に小型犬に服を着せるのは、お洒落や飼い主の趣味の為だけではなく、犬を飼う時の必需品だという情報をよく目にするようになりました。
四季の気温の変化や気象条件や訪れる場所に合わせた服選びが、愛犬の健康管理や衛生管理や手入れに欠かせないものとなっています。
夏の暑い日差しの際、クール素材や紫外線防止の施された生地で被毛を覆う事は、暑さから犬達の命を守ります。
特に熱を吸収しやすい毛色の濃い犬は太陽の直射日光から体を守り、熱中症の予防効果となり、紫外線による被毛が退色しやすい犬種などには退色の予防にもります。
また、毛足の長い犬や体高の低い小型犬は特に体が汚れやすいので、埃や泥や汚れを防止する役割を果たし、防虫効果のある生地は害虫が被毛につきにくくなるので、マダニやノミなどから犬はもちろん人間を守ってくれる効果が期待できます。
室内飼いの小型犬は室内外の温度差に体が適応しにくいので、たとえ毛足が長くても、寒がっているようであれば寒さ対策をしてあげて下さい。
薄手から厚手の素材、メッシュなどの通気性の高い物、フリースなどの保温効果の高い素材、水をはじくナイロン素材、全身を覆うタイプ、涼しげなタンクトップといったたくさんの種類の中から、四季や訪れる場所に合わせた服を愛犬に選んであげる事が、より楽しく快適な毎日を過ごすポイントとなるでしょう。

新着情報

◎2018/7/4

健康を考えて服を利用
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

小型犬用の服
の情報を更新しました。

◎2018/4/8

小型犬に服は必須
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

被毛の役割と服の必要性
の情報を更新しました。

◎2018/1/11

小型犬が服を着る意味とは
の情報を更新しました。

◎2017/11/8

小型犬イタグレの服
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「犬 被毛」
に関連するツイート
Twitter

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @shipponokai: 【富良野保健所:0167-23-3161】飼い主に放棄された11歳のオスのミックスが出会いを待っています。初対面からとてもフレンドリーで、誰にでも懐きます。ほぼ外飼だったためか、被毛はムクムクでオオカミっぽいワイルドな見た目ですが、いつも朗ら…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

RT @amasehimika_bot: 【除草剤はペットに大変危険です】 散歩中のや、戸外にいる猫が除草剤のかかった草を舐めたり食べたり、または、足の裏や被毛に付いた除草剤を舐めた場合、「除草剤中毒」になることがあります。舐めただけでも、猫や小型の場合は、死ぬ可能性が3…

Twitter天瀬ひみか女神様応援隊@XQ35PJ1qQxhMKqE

返信 リツイート 昨日 18:05